結婚相談所ではどのように婚活が進んでいくのか

まずは資料請求などして、情報を集め比較しましょう

■結婚相談所とは

結婚相談所が注目されている理由について

結婚相談所は、一般的に未婚者である男女が結婚相手を探すために会員登録する有料の結婚仲介業者のことをいいます。結婚を希望する人は、このような業者を通して会員登録をしている異性のプロフィールを見ることが可能となり、お見合いの申し込みやデートなどのあっせんをしてもらうことができます。

現在、我が国においては男女ともに全国的に平均初婚年齢が遅くなっていることから、こうした相談所がうまく男女の出会いの場として機能し、晩婚化を解消すという役割があらゆる方面から期待されています。結婚相談所は、多くの場合会員登録するための資格が定められています。

特に男性会員の場合は一定以上の収入があることや、定職に就いていることなどが条件とされることが多い傾向にあります。一方で、女性会員の場合は男性と比べて緩いことが多く、収入や職業については不問とされることが多いといえます。

また、入会に際して男女ともに離婚歴の有無についてあまり問題視されることはありません。結婚相談所に登録するメリットとしては、普段の自宅と仕事場の往復の間では決して出会うことのできない異性と巡り合うことのできる可能性が高くなるということが挙げられます。

また、出会いは収入やルックスといった条件ありきであるために、交際、そして結婚後のギャップが少ないといえます。現在は、男女平等の時代となってきたといわれるものの、男女の出会いをめぐるこのような市場においては女性優位であるといえ、男性側は女性に品定めをされやすい状況にあるといえます。

詳細はこちらへ➡結婚相談所 比較

■結婚相談所へ資料請求をしてみました

パンフレットの質=◯

27歳男性です。関西出身の私ですが、前職の転勤で福岡へ行き、転職活動を経た後、Iターンで静岡に住むようになりました。大学卒業までは、周囲に当たり前のように女友達がいたのですが、こんな社会人生活を続けているうち、すっかり出会いからも遠ざかっていました。

いつしか、彼女もいない、地元に帰らなければ友達もいないという、寂しい日々です。そんな状態の時にふと見かけたのが、結婚相談所の資料請求のバナー広告でした。普段なら、ただのバナー広告と見逃すはずが、その日はどうにも寂しかったのか、勢い余って資料請求をしてしまったのです。自分でも驚きました。しかし、更に驚いたのは、資料請求後のスピード。

私は3社ぶん、資料請求を行いましたが、3社ともが翌々日には非常に綺麗なパンフレットを送ってきたのです。さらに、電話、メールなどでの連絡もあり、その勢いに圧倒されました。今の時代はこうして出会いを見つけるのかと、戸惑ってしまったのが正直なところです。そして、3社とも、一度詳しい案内とカウンセリングがしたいとのことだったので、暇つぶしもかねて行ってみることにしました。

内容としては、再度、自分のプロフィールと理想の結婚などをお話し、こんな女性が紹介出来ますよ、とのこと。意外と女性の登録も多いもんだなと感じました。とは言え、男性、女性とも求める条件を色々聞かれるようなので、なかなかマッチングも難しい気がします。今回は料金的に契約しませんでしたが、今後も機会に恵まれない場合はもう一度行ってみようかな、と思いました。